くらしとねどこ 〜きこりと田舎で暮らす〜

林業をする夫と田舎暮らしをしています

田舎の近所づきあいってどんな感じ?

こんにちは。

夫婦でIターン移住し、田舎に住んでいます。

これから移住しようとしている方々が不安に思うことのなかに、近所づきあいがあると思います。

田舎の近所付き合いは都会に比べると濃密です。

今回は、わたしたちの近所づきあいが、実際どんなかんじなのかについて書きます。

 

田舎の近所づきあい

月に数回、町内会の集まりがある

近所の公園や川辺、神社の草刈や掃除など、月に数回は町内会のイベントというか、集まりがあります。

秋祭りなどがある時期はだいたい毎週集まりがあります。

草刈りは、草刈機を持っている人はそれを使って行います。(わたしたちの地域ではほぼすべての人が草刈機を持っています。)

軍手で草を抜くなんてことは基本的にしないです。

だいたい、男性が草刈機を使用して、女性は落ち葉などの掃き掃除をしたり、建物がある場合はその中の掃除をしたりします。

わたしたちの地域では強制参加ではないのですが、あんまり出ないとちょっと肩身がせまいことと、地域の人と仲良くなるいい機会なのでわたしたちはなるべく出るようにしています。

 

噂はとにかくはやく回る

噂の回りがとにかくはやいです。

悪い噂もいい噂もすべてそうです。

たとえば、車の窓からポイ捨てをして、それを誰かが見ていたとしたら、一週間もすれば、ほとんど全員がそれを知っている、というような感じです。

どこで誰が見ているか分からないので、行動には気をつけなければいけません。

自分が知らない人しかいないと思っても「こんな車に乗っている何歳ぐらいの人が~」という世間話から、「そりゃあ○○に住んでる××さんだわ!」となる場合もあります。

こういうあいまいなところから発生した噂はだいたい尾ひれがついたり、憶測で話が進んでとんでもないことになる場合もあります。

回避する方法としては、なるべくオープンに、誤解をされないように、礼儀正しく人と接しておくこと。(もちろん、マナー違反などは常日頃からしないように。)

もし誤解などから悪い噂が出たときでも、「××さんはそんなことしないだろう」という感情のほうが勝てば、食い止められます。

 

情報は基本的に筒抜け

噂が早く回るというのと似た話ではあるのですが、いろんな情報が基本的に筒抜けです。

誰がどこで働いていて、何歳で、お子さんが何人いて、そのお子さんがどんな部活動をやっているか、など、基本的なプロフィールはだいたいみんな知っているのがデフォルトです。

ごみの様子から食生活が知られていたり、いつもどこどこのスーパーに何時ごろにでかけている、というような生活パターンもだいたい筒抜けです。

最初は、誰かから別の誰かを紹介されるときの情報が多すぎて、「なんでそんなことまで知ってるの?嫌じゃないの?わたしは嫌だけど・・・」と思ったのですが、筒抜けでも別に嫌ではないようです。

この感じになれてくると、自分のことがある程度知られていても嫌じゃなくなってきました。

変に隠したりすると詮索されたり、噂話されたりしちゃうので、基本的に自分のことはフルオープン、もしくは、匂わせもしない絶対の秘密として隠しておく、というのがいいと思います。

たとえば中途半端に「パソコンで仕事をしている」とか言うと「パソコンでなにする仕事なんだろう」とか「怪しいことしてるんじゃないか」とか噂になって尾ひれがついたりしちゃうので「こういうことをしています」と詳しくわかりやすく話したほうがいいかなと思います。

 

野菜や果物を頂くことが多い

野菜や果物、お米はよくいただきます。

自分で畑や田んぼをやってらっしゃる方が多いので、収穫の時期にはおすそわけをよくいただくんです。

わたしたちも畑や田んぼをやっていれば、お野菜などで送り合いができるし、共通の話題ができてたのしそうだなぁ、と思っているのですが、なかなかできず・・・。

 

知らない人でも基本的に挨拶しあう

知らない人でも歩いていたりしてすれ違う人には基本的に挨拶します。

特に、ご老人や子どもたちは特に挨拶をしてくれます。

 

田舎に住んで、知らない人に挨拶されても驚かず、笑顔で挨拶しましょう。

それがきっかけで仲良くなることも多いです。

 

車で誰かわかる

乗ってる車を把握しているのでコンビニやスーパーに行ったときの駐車場や、どこかへ向かうときの道などで「○○さんだ!」と分かってしまいます。

なにも悪いことをしてなければ特に困ることはないです。

 

 

 

田舎暮らしは都会よりご近所同士のコミュニケーションが密接です。

それがいい!という方もいれば、ちょっと嫌だな、という方もいるでしょう。

住む地域によって自治会の活動頻度などが違うので、家を決める際に「自治会の活動ってどんなかんじですか?」と、役場や田舎暮らしのコーディネーターの方、もしくは自治会長さんに聞いてみるといいと思います。

いいご近所付き合いができれば田舎暮らしはとても充実します。いい関係を築けたらいいですね!